MyFXMarketsの最新の出金方法についてご説明してまいります。

まずはクライアントオフィス(会員ページ)にログインします。

登場した画面の左端のナビゲーターから出金をクリックしますと利用できる方法が現れます。

MyFXMarketsではアンチマネーロンダリングのためカードから入金した分についてはカード経由で返金扱いで出金することになります。またそれを超える利益についてはカード以外のbitwallet、SticPay、銀行送金を利用して出金することとなります。

クレジットカード出金の方法

クレジットカード出金は出金方法の選択からカード出金の選択ボタンを押します。

ボタンを押しますと下のような出金確認画面が現れますので、お持ちのアカウントを選択し、あらかじめ入金したカードをさらに選択して入金額を上限として出金が可能でとなります。コメントは特別書かなくても出金可能ですので最後に確認ボタンを押します。

次の画面で最終確認ボタンを押せば出金は完了となります。

入金額を超えた資金はほかの出金ルートを使って出金することになります。

bitwalletによる出金

bitwalletへの出金はあらかじめbitwalletサイドに口座を開設しておく必要がありますが、ここでは口座が開設済みということを前提にしてご説明します。

出金の選択肢の中からbitwalletを選び選択のボタンを押します。次に以下のような画面が現れますので口座を選択し出金金額を入力して、bitwalletに登録してあるメールアドレスを入力して確認ボタンを押します。bitwalletはメールアドレスだけで出金が可能となっていますのでかなりあっけない入力となりますが、これで間違いなくbitwalletサイドにリアルタイム着金することになります。

bitwalletへの出金手数料は無料ですが、bitwalletから国内口座への出金は1回824円で行えますので海外送金よりはかなりお得です。

SticPayへの出金方法について

MyFXMarketsでは出金のソリューションとしてSticPayも実装されています。このSticPayはあらかじめ無記名のデビットカードを作成しておけば銀行などを通さずにコンビニ等のATMから資金を引き出すことができるものとして注目を集めているオンラインウォレットです。

ただし2019年の8月からマスターカードの無記名デビットカードではチャージができなくなったことから連銀カードを作り直す必要があり、カードでの買い物は国内ではかなり限られる状況になっていることはあらかじめ認識しておく必要がありそうです。また口座から引き出し可能なカードでのチャージ料が1.3%かかることになります。さらに引き出し金額に対して1%の手数料がかかることになりますので、大きな資金の場合にはbitwalletの方がコストが安いことも覚えておきたいポイントです。

SticPayへの出金は出金可能一覧からSticPayを選択するボタンを押します。

ボタンを押しますと以下のような画面が登場しますので、アカウントを選択し、金額を入力しSticPayのアカウントを入力して確認ボタンを押します。

次のページで再確認ボタンを押せば出金は完了ということになります。

銀行からの海外送金

MyFXMarketsからの出金でもっともコストがかかるのが銀行経由の海外送金となります。

まず出金方法一覧からBANK TRANSFERを選択してボタンを押します。次に振込先銀行名等の詳細を入力する画面が現れます。

MyFXMarketsのアカウントを選択し、出金金額と出金先銀行の口座番号、口座名、銀行名、支店名、支店番号、SWIFTコード、銀行受賞等をすべてローマ字にて入力していきます。

この内容を書き間違えますとうまく着金しないことになり組みなおしの手数料をとられるなど余分な費用がかかりますのであらかじめ受け取り銀行のホームページなどから正確な情報を転記されることをお勧めします。

残念ながらMyFXMarketsは海外送金の手数料が無料ではなく2000円を一律徴収されることになりますので、着金側のコストを含めますと最低でも4500円、場合によっては7000円以上の負担になることも考えられます。したがってよほどの事情がない限りこのルートを使って出金するのはお勧めできません。

以上、MyFXMarketsの最新の出金方法についてご説明しました。