TradresTrustでは現状では以下のような方法での出金が可能になっています。

出金に関してはいくつかのルールが存在しており、まずこれをしっかり理解する必要があります。

出金は50ドル、日本円で5000円から可能ですが、2万円以下の場合には手数料が1500円かかりますので注意が必要です。

出金にあたっては入金と同じルートを通して出金する必要があります。クレジットカードから2万円入金し銀行経由で5万円を入金した場合にはまず2万円がクレジットカード経由での出金、そして5万円は海外送金という形になります。

とくにクレジットカードに関しては6か月以内に入金した場合には他の入金方法よりも優先されることになります。

クレジットカード、デビットカードへの出金方法

まずあらかじめ設定したメールアドレスとパスワードを使ってサイトにログインします。

掲示された出金方法のなかからクレジットカードを選択して出金ボタンを押します。

そうしますと上のような画面が現れます。まずクレッジっとカードを送金タイプとして選択し、出金する口座を選択します。次に金額を入力(入金額が上限となります。)さらにカード会社を選択し、有効期限、カード番号、カード発行銀行を入力して最後に送金理由を入力して送信ボタンを押します。

クリック後に確認メールが登録アドレスに送られてきます。これでクレジットカード出金は完了となります。

クレジットカード出金に関してはトレード回数が10回以上の場合には手数料が無料(ただし2万円以下は1500円かかります)ですが、10回未満のトレード回数ですとさらに5%の手数料が発生しますので注意が必要です。

bitwalletへの出金

bitwalletへの出金の場合はやはり出金のボタンを押しますと次のような画面が現れますのでbitwalletを選択します。

さらに続けて出金元のウォレット口座を選択し、金額、bitwalletのアカウント名義(同一名義人であることが必要)、bitwallet登録メールアドレス、送金理由を入力します。最後に送金ボタンを押せば完了となります。出金に関してはトレード回数が10回以上の場合には手数料が無料(ただし2万円以下は1500円かかります)ですが、10回未満のトレード回数ですとさらに5%の手数料が発生しますので注意が必要です。

最大6時間程度の処理時間がかかることがありますが、業者の稼働時間によって処理が遅れることもありますのでご注意ください。

ビットコイン出金

ビットコイン出金を選択しますと以下のような画面が現れます。

まず出金する口座を確認し、金額を入力します。次に送金するビットコインアドレスとビットコインウォレット名を入力して送金理由を書いて送信ボタンを押します。

TradersTrustで設定されている名義人と同じ名義の口座に出金することが必要です。これを破りますと口座の利用が即時停止になりますので十分にご注意ください。

ビットコインの出金手数料としては出金額の1.5%と15ドルのうち大きい金額が大きい金額が適用されます。またそれとは別にビットコインマイナーの手数料が必要となります。

銀行への海外送金による出金

銀行経由の海外送金に関しては一般的な銀行への出金とゆうちょ銀行への出金がボタン上では区別されていますが、結局入力する画面は同じものとなります。

ゆうちょダイレクト経由で入金したものは当然のことながらゆうちょへ出金することになります。

海外送金をクリックしますと以下のような入力画面が登場します。

送金先の銀行情報を上から入力していきます。出金する口座タイプを選択し、出金金額、銀行名、銀行口座番号、銀行口座名義をそれぞれローマ字で入力します。

日本の銀行への出金の場合はIBANはN/Aと入力してください。

SWIFTコードは国際標準化機構によって承認された個別の金融機関のコードのことでこれを保有していないネット銀行などには出金はできません。個別の金融機関のホームページを確認しますと詳細が公開されていますのでそれを確認して正確に記載をお願いします。

英語の銀行表記もホームページで公開されていますので適当に書かずに必ずそうした内容をコピーペーストして記載するのがお勧めとなります。

出金に関してはトレード回数が10回以上の場合には手数料が無料(ただし2万円以下は1500円かかります)ですが、10回未満のトレード回数ですとさらに5%の手数料が発生しますので注意が必要です。

以上をすべて確認して送金ボタンを押しますと送金は完了となります。通常4営業日程度で国内銀行に着金することになりますが、国内銀行では最低で2500円から4000円以上の手数料を徴収されますので注意が必要です。

TradersTrustの場合出金に関してもかなり様々な条件が課せられており、それをクリアしませんと手数料を徴収されることになりますので、迂闊な出金を行いますとせっかくの利益を減らしてしまうことになりかねません。慎重な対応を心掛けることが重要です。

以上、出金に関する個別の具体的な方法についてご紹介しました。