Tradeviewの入金方法について最新の情報をご紹介します。

まずTradeviewウェブサイトの上部にあります入出金のボタンを押して入金ページにアクセスしていきます。

入金のページを見ますと以下のようなかなり幅広い選択肢のアイコンをみることができます。

しかしながら国内で利用できるものという視点でみますと銀行送金はGlobal Custodial Services(GCS)が日本円での送金が可能でそれ以外は使えないことがわかります。ただし送金側の手数料最低3000円程度は利用者負担になりますし、着金まで2~5日間かかりますのでまったくお勧めできる入金ルートとはなっていません。

海外の銀行ばかりですから利用不能で、決済サービスは通常のクレジットカードが利用できるものがないので事実上bitwalletのみが利用できる状態です。

さらにE-walletの系統ではビットコインをお持ちであればbitpayを利用することが可能です。またSticPayでの入金も可能ですので、あらかじめbitwalletもしくはbitpay,SticPayの口座を開設しておくことが必要になります。

もっとも現実的な入出金のソリューションということで見ますと今のところbitwalletを利用するのがコストのかからない最善の方法といえそうです。

以下それぞれの入金方法についてご説明します。

bitwalletからの入金

送金のソリューションリストの決済サービスの中からbitwalletを選択し入金をclickします。

次にbitwalletへの申請画面が登場しますのでローマ字で氏名と登録メールアドレス、Tradeviewの口座番号を記入し、入金必要資金をインプットして送金ボタンを押します。ここからはbitwalletのサイトへとジャンプします。

上のような画面が現れますので送金情報でTradeviewと必要金額があっているかどうかを確認しbitwalletにアカウントをお持ちの方のボタンをクリックします。

次に資金送金の画面がでますので登録メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

あらかじめbitwalletに現金入金しておいてそれを送金することも可能ですが、送金時に登録しておいたカードから入金することも可能です。

ここでは登録カードからの入金の事例をご紹介します。

あらかじめ登録しておいたカード番号が表示されますのでそれを確認し使用限度額内に収まっていることも確認して入力内容の確認ボタンを押します。

登録が済んでいない場合には3万円だけは未登録カードを利用して入金可能です。

最後にカードのセキュリティコード3桁(裏面に表示)を入力して決済すれば終了です。

事前に口座に資金が入金してある場合はメールアドレスと暗証番号だけで即座に入金ができて簡単ですが、ここではカード送金も兼ねた形で方法をご紹介しました。このようにbitwalletにあらかじめ口座開設をしてクレジットカードの事前登録を済ませておけばカードでも銀行送金でも資金を贈ることができてかなり便利です。

カード決済の場合はカード会社によって4~5%の手数料をとられますので、一番安価なのは銀行稼働日にあらかじめ国内から振り込みを行っておくことがお勧めとなります。

銀行送金

とにかくあらゆる送金ソリューションに事前に口座開設ができていない中でなんとか入金を行いたい場合に利用するのが銀行送金です。

上の銀行送金リストの中のGCEN|GCB」の「入金する」をクリックしていきます。

すると以上のような通貨建てのデポジットが現れますので右端のDeposit JPYを選択します。

ここに表示された内容にしたがってご利用の国内銀行から海外送金を行っていただくことなります。受け取ったTradeviewサイドは一切手数料を要求しませんが、送金時に国内銀行から最低3000円、場合によってはそれ以上の手数料を要求されるおとがありますし、リスティングチャージをあらかじめ徴収されることがありますので、かなり注意が必要です。間違った送金をしますとそれだけで組みなおしの手数料が5000円以上かかりますので慎重に対応することが必要です。よほど差し迫った事情がない限りbitwalletにあらかじめ口座開設をして利用するほうが断然お得であることは付け加えておくことにいたします。

bitpay入金

Tradeviewではbitpayによる入金が可能です。利用できるのはビットコインとビットコインキャッシュになります。あたかじめウォレットをお持ちでこのいずれかの仮想通貨を保有されていれば送金可能です。

Eウォレットの一覧の中からbitpayを選択してその入金するのボタンをクリックします。

すると以下のような画面が登場しますのでそこに氏名、メールアドレス、Tradeviewの口座番号、入金額を記載して送信ボタンを押します。

次の画面からはbitpayにジャンプしますので名前や金額がまちがっていないかどういかを確認しビットコインかビットコインキャッシュのどちらで送金するかを選んでクリックします。

最後にQRコードが現れますのでスマホで読み取ってウォレットで支払うをクリックすれば完了となります。

たしかにビットコインやビットコインキャッシュでも入金ができるようにはなっていますが現実的な利用者はかなり限定的なものになっているといえそうです。

SticPayによる入金

入金ソリューションの中のEウォレットの一番下にあるSticPayを選択して入金するのボタンを押します。

次に上のような画面がでますので、氏名ローマ字、IDはTradeviewの番号、希望入金額、通貨建てを選択し最後にメールアドレスを入力して確認ボタンを押しますとSticPayのサイトにジャンプします。SticPayには口座IDはありませんので何か入力してあれば画面は変わることになります。

スティックペイの画面に飛びましたら登録アドレス、パスワードと生年月日を選択してログインボタンを押します。

最後に確認画面がでてきますのであらかじめ入力した金額が間違っていないかどうかを確認してPAY NOWを押せば完了です。

TradeviewではFlutterwaveを通じて直接クレジットカード決済も可能にはなっているようですが、bitwalletを利用したほうがやはり安心に利用できそうです。カード入金ならbitwalletをお勧めします。

以上Tradeviewにおける具体的な入金方法についてご紹介しました。